Blog&column ブログ・コラム

クランプの種類について

query_builder 2021/11/01
コラム
clamp-4964646_1920
クランプとは、材料を作業台に固定する際や材料の接着時に圧着しないようにする際に使用します。
クランプを使えば材料を固定する力が軽減され、安全に作業をすることができます。
そんなクランプには様々な種類があるので、どれを購入しようか迷ってしまう方もいると思います。
そこで今回は、クランプの種類について代表的なものをご紹介していきます。

▼C型クランプ
C型クランプは最も基本的な構造で、B型やG型と呼ばれることもあります。
強力な締め付け力があるのが特徴ですが、材料に触れる部分が金属になっているので、固定した際に凹んでしまうこともあります。
サイズも豊富で小さいものなら比較的安価なので、小物を作る際には重宝するでしょう。

▼F型クランプ
F型クランプはL型やスライディングクランプと呼ばれることもあり、クランプの代表的なものになります。
木工DIYにとても便利で、ハンドルをスライドさせて材料の幅に合わせることができるので作業性が良いでしょう。

▼クイックバークランプ
クイックバークランプはラチェットバークランプと呼ばれることもあり、初心者の方でも比較的扱いやすいのが特徴です。
ハンドルとレバーで操作するので片手で扱うことができ、空いた方の手で材料を固定することが可能です。

▼まとめ
今回は3つの種類のクランプをご紹介しましたが、他にも様々な種類があるので用途に応じて使い分けてみましょう。
当店では様々な種類のクランプを取り扱っているので、気になる方はぜひお問い合わせください。

NEW

  • 中古フラットパネル入荷しました。

    query_builder 2021/02/09
  • 本日も単管パイプをトラック一台分!

    query_builder 2021/01/21
  • 本年もよろしくお願い申し上げます。

    query_builder 2021/01/12
  • 早朝

    query_builder 2020/12/18

CATEGORY

ARCHIVE